さいたま市や浦和周辺のフォトスタジオを人気ランキングでご紹介!コスパ最強のおすすめの写真館を厳選!

フォトスタジオでコスプレを撮影することは可能?

屋外でのコスプレ撮影だけでなく、屋内での撮影も注目されています。好きな漫画やアニメの世界観に近づけるためにはこだわりも必要になります。

より世界観に近づけるスタジオを借りるだけでなく、借りることができるアイテムや規定・禁止事項は事前にチェックしてから予約することが大切です。

世界観を壊さずにイメージを作りあげることが可能

フォトスタジオでのコスプレ写真は自分だけのオリジナル性が高い撮影をすることができます。スタジオの一室は同じであっても、壁紙や小物類を変えるだけでオリジナル度がアップすることができるだけでなく、よりイメージに近い世界観を作りあげることが可能です。特にマンガやアニメなどの世界観を作りあげたいときには、より自由に内装を変えられるスタジオほどイメージを作りやすくなります。

世界観を近づける備品が揃っている

多くのスタジオでは、さまざまな備品が準備されています。スタジオによっては常備されている備品であれば予約しなくても自由に使うことが可能になっています。ホームページで確認できるようになっていますので、予約をするときやスタジオを探しているときにチェックしてみるのがおすすめです。

備品といえども、大小さまざまなアイテムがあります。大きなものであればテーブルやソファ、ベッドなどの家具、小さなものであれば食器や造花、季節の装飾に使えるアイテムなどが揃っています。撮影時に役立つ脚立や布なども和洋のアイテムが揃っていて、イメージに近づけることが可能なものばかりです。

持ち込みが可能なスタジオもありますが、スタジオによっては生花などの植物が禁止であったり、スタジオが火器厳禁な場所が多いことから可燃物や火を使用するキャンドル、危険と判断されるアイテムなどは持ち込み禁止となります。スムーズに撮影するためにも、事前に持ち込みできるアイテムのチェックをしておきましょう。

禁止事項は事前にチェックしておく

フォトスタジオを借りるときにはさまざまな撮影が可能ですが、禁止事項がありますので事前にチェックしてから利用しましょう。一般的なスタジオでは靴を履いて撮影が可能です。ただし、撮影スペース以外では土足厳禁の場所もあります。特に畳を敷いている和室のスペースでは畳が傷んでしまいますし、洋室であっても床を傷めてしまうこともあるため、指示に従って靴を脱いで撮影をしましょう。

多くのスタジオでは液体類の使用は禁止です。撮影イメージに近づけたいからと水しぶきを飛ばす演出を希望する人もいますが、畳や床といった素材を傷めてしまったり、電気機器が壊れてしまう可能性があるため、水を使った演出は禁止になっています。血糊の使用も禁止ですが、衣類などに事前に血糊をつけておき乾いた状態であれば使用が可能です。メイクとして使う場合にも、垂れて汚してしまう可能性がある場合には注意が必要になります。アルコール類を含む飲み物の持ち込みも禁止となっていることが多く、未開封のものであっても持ち込みが禁止になっているスタジオが多いです。

また、設置されている家具の移動も無断で行うことは禁止になっていることが多いです。許可を取っていると可能になる場合もあるため無断で行わず事前に連絡をしておきましょう。

屋外だけでなく、コスプレの撮影は屋内で行うことも可能になってきています。イメージにより近い世界観に近づけるためにも事前にさまざまなチェックが必要になります。自分たちで用意できる備品だけでなく、スタジオで借りることができるアイテム、さらには撮影に役立つアイテムなども事前チェックしておくと手間を省くことができます。スタジオは禁止事項も多々あります。次の利用者やスタジオに迷惑をかけないためにも事前に禁止事項はチェックしてから利用しましょう。